風俗嬢さんに限らず、人気の女の子には意図していようが無意識だろうが実は共通している言動が数多くあります。今回はそんな接客にも応用できる指名が増やせる秘密の心理学的テクニックを抜粋し詳しくご紹介します。

セミナーで指名を増やせる心理学的接客術を教える女性講習師


ソープ嬢の指名を増やせる心理学的人気接客術

心理学的にも良い接客の基本は自分がされて嬉しい事をしておもてなしすること。聞けば当たり前じゃん?と思う様な事でも実際の接客では意外と出来ていなかったりするものです。自分本位ではなく心のこもった思いやりの接待で人気向上と指名獲得に繋げられるよう頑張りましょう。



目は口ほどに物を言う

出来るだけ優しく相手の目を見て、目が合ったら笑顔で接客しましょう。ごく単純で当たり前に聞こえるかもしれませんが、とても大切で意外と出来ていない方が多い事です。特に面白おかしい話をする必要もありませんし、目合いすぎじゃない?ってちょっと恥ずかしく思うくらいで丁度良いです。好意はまず言葉よりも体現しましょう。

人間は元来好きなものに目をやり興味のないものや嫌いなものから目を背ける習性の生物です。



愚痴を引き出して聞くカタルシス効果

会話の中のどこかでお客様が抱えている恐怖や罪悪感などのネガティブな愚痴などを口に出して伝えてもらうよう誘導しましょう。憶測で余計なアドバイスをする必要は全くありません。口にして吐き出してもらう事自体に心の浄化作用があり、かつ、それを聞いてくれた相手に安心感や信頼感・包容力を強く感じる事をカタルシス効果と言います。不安や心配ごとの全くない人間などいませんので、これを引き出す事ができれば関係性と信頼感は大きく一歩前進します。マザコンやMっ気のあるあまえんぼうな男性には効果覿面です。



自己紹介は軽い欠点と大きな長所を伝えよう

初会の話の流れで自己紹介をする際、まず軽い欠点を枕詞につけ加えるようにすると長所がより強調され効果的です。例えば…

よく美人と言われます笑」と言うよりも、
ちょっと年上かもしれないけどよく美人と言われます笑」。

巨乳でしょう笑?」よりも、
ちょっとぽっちゃり目かもしれないけど巨乳でしょう笑?」。

精一杯尽くしますね」よりも、
あまり好みのタイプじゃないかもしれないけど精一杯尽くしますね」など。

最もアピールしたいメリットの前置き軽いデメリットを添えることで、正直で忌憚のない正当評価という印象も加味され自ら述べる長所がより鮮明に心象に残ります。この時のデメリットは事実であろうがなかろうがあまり関係なく、重要なポイントは、ライトな、またはグレーな要素であること。決定的で大きな欠点を最初に言ってしまうと第一印象が優位に働く初頭効果が勝ってしまいむしろ悪印象が強く残ってしまいますので、あくまで〇〇かもしれない程度の、長所をより引き立てる為の飾り言葉としての欠点を用意しておきましょう。



接触頻度が人気を高めるザイオンス効果

メールやラインなどのやりとりは可能な限り回数を増やすよう心がけましょう。その際、一度に長文でやりとりするよりも一言二言で良いので連絡する頻度を重視すべきです。ザイオンス効果と言い、人は接触時間の長さよりも接触頻度の回数が多い方に親近感や好意を抱きやすくなります。これは連絡頻度だけではなく宣伝広告やブログ等の閲覧に関しても全く同様の効果が認められます。対象に触れる機会が多いほど無意識に好きになってしまいやすいのです。ブログなども溜めてまとめて読まれるよりも頻繁に見て頂いた方が好意を持たれやすいので、長文記事をときどき書くよりも短めの内容でもマメに書く方がアクセス回数(PV)が増え圧倒的に人気が高まりやすくなります。



都合の良い二択へ誘導するダブルバインド

心理学的に人は2択を迫られるとその背景や前後の認識が薄れる傾向があります。漫画のような話ですが、0か1か、イエスオアノットに対する回答で頭がいっぱいになってしまうのです。これを利用し、2択の論点を都合の良いように誘導する心理学的テクニックがダブルバインドです。

例えば単純に、
「次の日お店に来られない?」
だと「行くか行かないか」の2択ですが、
次の出勤が土曜と日曜なんだけどどちらかお店に来られない?」
と伝えると「土曜か日曜」の2択と捉えられがちで、前者よりも来店頂ける確率が格段に上がります。

また「赤と青のドレスを見せたいのだけどどちらが好き?」や「どちらの下着が似合うか選んで欲しい」などお客様の興味を惹く選択や来店した時の情景を想像しやすい質問だとより効果的です。



ポジティブマインドを育むイエスの法則

人間の脳は「イエス」や「はい」など肯定的な言葉を発しているだけで、思考そのものが前向きになり好意も同意も得やすくなります。極端にいえば肯定的に思い込んだり流れでついうっかりイエスと言ってしまうのです。これは長期的にも極短期的な傾向としても心理科学的に立証されており、自分自身のセルフコントロールのみならず、お客様へのマインドコントロール(心と行動の誘導)としても有効です。本当に聞いて欲しいお願いをする直前に幾つか「そうだね」と答えるような質問を投げかけておくだけで前向きな思考に流されその後のお願いが受け入れられやすくなりますし、繰り返せば貴女との関係性自体もポジティブに捉えるようになります。

  • 今日はいい天気ですね
  • この料理美味しいですね
  • あの映画面白いですよね
  • こうすると気持ち良いよね

など、本当に何の気なしに同調してしまう程度のどうでもいい会話で良いので気軽に「イエス」と言って頂けるような話を頻繁に振って自分も相手もポジティブマインドな思考に巻き込む癖をつけましょう。



好意を生む返報性の原理

心理学の基本で様々なビジネスシーンでも応用されていますが、人はなにか施しを受ければそれに答えたくなってしまうもので、好意についても同じ事が言えます。これは具体的であればあるほど良く、ただ漠然と好意を伝えるよりも「〇〇さんのこういう所すごく好き」と投げかけておくだけでより確実に好感度が上がり、前向きに好意を持って接してくれるようになります。ざっくり解りやすく言えば、

好きと言われて悪い気はせず好意をお返ししたくなってしまう

のです。この原理は特に男性に顕著に表れる傾向にあります。たとえ嘘や強引な思い込みでも、無駄に出し惜しみせずどんどん好意を伝えましょう。



まとめ:心理学を応用した接客などズルをしているようで気が引ける、と思われる方もおられるかもしれませんが、本来良い接客とは貴女がお店を代表してお客様に心地の良いおもてなしする事です。サービスを求めてお越しくださったお客様により良い気分になって頂くための話術ですので、貴女がより好きになってもらい人気を得るのになにも悪びれる事はありません。どんどん活用してどんどん売れっ子になっちゃいましょう。

おすすめの人気風俗嬢になれる接客法等をこちらにも纏めていますのでご参考になれば幸いです。

Yoshiwara.Link