日本には四季折々の季節がありそれに伴う気候の変動も大きく、6~7月にかけては梅雨の時期となり、湿度も高く雨の日が大変多くなります。

薄暗い日中はなんとなく気分も冴えず、体調不良で動くのがだるかったり、出掛けるのが億劫になりがちですが、これには気持ち的な問題だけではなく医学的な根拠があります。人気ソープ嬢たるもの、ジメジメした季節でも笑顔で出勤できるよう、梅雨の体調管理の方法をご紹介します。

梅雨の雨でも笑顔で元気な女の子


元気に笑顔で出勤するために

雨の日は濡れて寒かったり蒸して暑かったり服や体が濡れたり汚れたり…と、何かと不便で面倒な事も多いと思いますが、この日を楽しみに来店されるお客様にとっては特別な1日に変わりありません。そんな時貴女がどこか曇ったうかない表情や低いテンションだと、それはそのまま貴女への悪評価へ繋がってしまいます。雨の日なりに、例えばお気に入りの傘やレインブーツなどの雨具を用意してみたりして何か特別な楽しみを作って、晴れの日よりも笑顔でいるくらいのつもりで元気に出勤できるよう普段から気持ちのコントロール体調管理に気を配ることをオススメします。


雨がもたらす体への影響と変化

様々な要因で雨が降る訳ですが、大まかに言えば「雨=低気圧」と言えます。低気圧状態とは空気の密度が薄い状態。この外気圧が体の変化を引き起こすのです。体の外側の圧力が下がると、体が膨張して顔や足がむくみ、血管が拡張する事で血圧が下がり、脳の血管拡張が頭痛を引き起こしたりもします。また、外気湿度が高いと汗が蒸発しにくくなり体温調節機能も低下します。


だるさや眠さの原因とは

人間の自律神経には交感神経と副交感神経があり、前者は楽しい時・活動しているとき・緊張やストレスを感じている時などに働き、後者は内臓を働かせる時・眠っている時・リラックスして休んでいる時などに働きます。梅雨の低気圧状態を感知した自律神経が「活動に適さない状況・休息し活動に備えるべき時」と判断し副交感神経を優位に働かせます。これが慢性的なだるさや眠さにつながっているのです。自分の意志で自律神経を自由に切り替える事はできませんが、外的な要因によって意図してコントロールする事はある程度可能です。


体調管理は生活習慣から

早寝早起きで規則正しい生活が理想的ですが、夜勤など難しい方もいらっしゃるでしょうし、雨だからと言って環境の外気圧を上げるなんてことはできませんので、心と体への悪影響を最小限にし、寝る時間と起きる時間を決め、自律神経の最適なバランスをとる事が梅雨の体調管理の1番のコツです。活動時はしっかり交感神経を働かせ、休息時は副交感神経を優位にし十分に休息するというサイクルを作る事を心掛けましょう。健康はもちろん、美容にも大変効果的です。


体のストレスを減らす

  • 適量の水分摂取を心掛ける
  • 偏食せず食事を摂る時間帯をなるべく一定に保つ
  • 最適な睡眠を取る(寝過ぎ・寝溜めも良くありません)
  • 散歩等で全身の血液の流れを良くする

 交感神経を働かせる方法

  • 部屋を明るくし光と視覚情報を増やす
  • 暖かめのシャワーを浴びる
  • 心地良いと感じる適度な運動
  • お茶・コーヒーなどに含まれるカフェインを少量摂取

 副交感神経を優位にする方法

  • 部屋を暗くし光と視覚情報を減らす
  • ぬるめの湯船につかる
  • マッサージ・ストレッチ・ヨガなどで筋肉をほぐす
  • お酒などのアルコールを少量摂取

ちなみに喫煙は自律神経の交感神経側、興奮緊張状態に働く作用があります。これは体がストレスを感じているとも言え、身体的には当然悪影響しかありませんので、できれば禁煙を強くおすすめします。が、難しい方は睡眠の妨げになる夜寝る直前などは極力吸わないようにしましょう。


Summary! 梅雨の体調不良は気圧や湿度の著しい変化に体の機能が追い付かないために起こるものが多く、日頃の基礎的な体調管理の良し悪しが顕著に影響しがちです。いつもより生活習慣にも気を配り、体の働きを整える事が梅雨も元気に過ごす秘訣と言えるでしょう。生活リズムが乱れがちな方は自律神経のメリハリとバランスを意識してみると良いかもしれません。気分的な要素も大きなポイント。雨の日にしか味わえない環境は裏を返せば得難い楽しさもきっとあるはずです。ポジティブに笑顔で梅雨を過ごしましょう。

Yoshiwara.Link