理想の自分となかなか上手くいかない現実の狭間でストレスも悩みも尽きる事はありませんが、あらゆる逆境にも挫けず常に前向きでいられるメンタルの強い人っていますよね。一流スポーツ選手など体育会系上がりの人に多い印象ですが、どうやらコツがありそうです。精神的な心の強さとは一体どうすれば獲得できるのかを考えてみます。

寂しそうに森の中で一人悩むメンタルの弱い女性


メンタルの強さチェック

まずここで、あなたのメンタルの強さをチェックしてみましょう。以下の質問9個にYES/NOで答え、イエスの数を数えてみて下さい。

  • 便秘や下痢気味な事が多いですか?
  • 常に他人よりも自分自身に厳格ですか?
  • 悪い出来事を他人のせいにしがちですか?
  • 「頑張ろう」「頑張って」と思う事が多いですか?
  • あなた自身は自信過剰ではないと思いますか?
  • 「まあいいか」と物事を諦める事は嫌いですか?
  • 友だちは多ければ多い方が良いと思いますか?
  • 「でも」「だって」「どうせ」という枕詞はよく使いますか?
  • 誰かに応援されるほどなんとか期待に応えたいと思いますか?

イエスは何個ありましたか?
実はこれは心理学者の設問でイエスの数が多いほどメンタルが弱くうつ病などの精神病になりやすい傾向があるとされています。正しい思考パターンとは、いつも常に向上心を持ち続けなければいけないという訳ではなく、余計な妄想をせず、自分自身の弱さも受け入れ、認めた上でどう対処するのがベストかを前向きに考える能力です。

イエスが多かった方は、肩の力を抜きリラックスする癖をつけて、自然体で効率の良い思考を心掛けてみてはいかがでしょうか。


メンタルの強い人の柔軟で合理的な思考パターン

メンタルの強さとは、言い換えれば物事を前向きに捉えられるかどうかです。そうでない人から見れば楽天主義ともとれるその思考パターンはある種考え方のクセですので、日頃からの心掛けが全てと言えるでしょう。

例えば、なにか仕事で重大なミスをしたとします。

メンタルの弱い人は、「うわーやっちゃった」「皆に迷惑をかけたから嫌われちゃうかも」「評価落としちゃったかも」などと、ミスによるその後の影響を色々想像しますが、

メンタルの強い人は、「良い経験をした」「全力での結果だからこれは乗り越えるべき試練だ」「この経験をどう活かせるだろう」と、ミスをその後にどう繋げるかの具体的な方法を考えます。

もちろん犯したミスによる様々な悪影響は否めませんが、それはあなたが考えても全く意味のない妄想です。考えるだけ時間の無駄なのです。ミスしたあなたが今やるべきことは、ミスしたあなたにしか出来ない事を考える事。「〇〇しなければ良かった」ではただの後悔ですが、「〇〇しておけばミスは防げた」あるいは「〇〇が足りなかった」と反芻し教訓とする事でその後の未来への気づきとなり、ただの失敗は成功への着実な布石ともなります。

このように、考えても無駄な雑念を省き、現実としての明確な事実のみを柔軟に受け止める事でポジティブで前向きな思考パターンとなるのです。


ストレスや不安を取り除くには自分の心を知る事

人の意志が絡む出来事に「絶対」が当てはまるものはありませんし、「こうあるべき」という事も存在しません。全てが「あるがまま」であり「なすがまま」で、あなた自身が「どうしたいか」にかかっています。他人と比較し優劣をつける事にも意味がなく、自分自身の心の在り様がそのまま今のあなたの状況を形作っているのです。また無駄な雑念とは、自分の心が反応し勝手に想像する妄想です。キリスト教カトリック教会における七つの大罪に、

  • 憤怒(怒り憤る心)
  • 強欲(欲深い心)
  • 傲慢(他者を見下す心)
  • 嫉妬(他者を羨む心)
  • 怠惰(だらしなく怠け放棄する心)
  • 暴食(むさぼり食う心)
  • 色欲(快楽への惑溺)

がありますが、これらはすべて自分の心より生まれる感想や欲望と言えます。仏教でいえば煩悩です。「あいつムカつく」「私の方が優れている」と考えたところでそれ自体には何の意味もありませんし、「羨ましい」「アレが欲しい」「たくさん食べたい」「エッチな事がしたい」「極力何もしたくない」などと考えても、それを実現する為の方法を具体的に考える思考をしなければただ自分の満たされない感情に悩みストレスを感じるだけです。

自分自身の心がどんな事を考えすぎ反応しやすいかを知り、無駄な雑念に心を支配されないようにする事が、前向きで強いメンタルを維持する秘訣と言えるでしょう。


Summary! 少し宗教めいてしまいましたが、仏教の瞑想による無心の悟りや、柔道や空手などの柔軟な発想にも通じる正しい思考パターンを意識するだけで、驚くほど気が楽になる事があります。修行とは言い過ぎかもしれませんが、常に自分の心を操る意識のトレーニングが強いメンタルを育みます。また、本を読んだり様々な経験を積み、知識や経験則を増やすことも合理的でストイックな考えを生むのに役立ちます。心のストレスや不安は自分自身が生み出す妄想や思い込みでしかないという事を知り、柔軟で合理的なポジティブマインドを心掛ける事があなた自身の幸せへ繋がるのかもしれませんよ。

ベーシックですがオススメのストレス解消法もご参考まで。

Yoshiwara.Link