女性の美しさは外見が全てではありません。「実際会うと魅力的に見える」とか「とても雰囲気が良い」などは女子力とは違う、内面から醸し出される貴女の女度を上げより引き立てる人間的魅力と言えます。事実、パッと見た目は可愛いのにリピート率が妙に悪かったりする子もいるでしょう。原因が内面にあるかどうかはさておき、そんな雰囲気美人、内面から溢れる魅力を得るためのヒントが宝塚歌劇団に伝わる戒め「ブスの25箇条」にあります。

美人になるコツを探す可愛い女の子


宝塚歌劇団のブスの25箇条とは

宝塚歌劇団と言えば、創設者・小林一三翁の遺訓「清く正しく美しく」が有名ですが、「ブスの25箇条」は宝塚歌劇団の舞台裏に戒めとして関係者誰もが目に付くところに貼り出されていたと伝えられ、元タカラジェンヌ宙組トップスター貴城けいさんの著書「宝塚式『美人』養成講座」中でも紹介されています。


ブスの25箇条

  1. 笑顔がない
  2. お礼を言わない
  3. 美味しいと言わない
  4. 精気がない
  5. 自信がない
  6. 愚痴をこぼす
  7. 希望や信念がない
  8. いつも周囲が悪いと思っている
  9. 自分がブスであることを知らない
  10. 声が小さくイジケている
  11. なんでもないことに傷つく
  12. 他人に嫉妬する
  13. 目が輝いていない
  14. いつも口がへの字の形がしている
  15. 責任転嫁がうまい
  16. 他人をうらやむ
  17. 悲観的に物事を考える
  18. 問題意識を持っていない
  19. 他人につくさない
  20. 他人を信じない
  21. 人生においても仕事においても意欲がない
  22. 謙虚さがなく傲慢である
  23. 他人のアドバイスや忠告を受け入れない
  24. 自分が最も正しいと信じ込んでいる
  25. 存在自体が周囲を暗くする


美人になる方法とは

これらの戒めをよく読むと、第一印象から付き合いを深める間に至るまで、確かに良い印象はありません。諸芸上達はもちろん、礼儀作法やマナーにも大変厳しい事でも知られている宝塚ならではの戒めの多さと言えますが、これらは女性限定ではなく男性にも通じるベーシックな要素です。また、逆説的にこれらの訓戒から内面美人になるコツや方法が見えてくるはずです。単純に、これらの戒めの逆を心掛ければ良いのです。内面の美しさは外見にも滲み出てくるもので、逆も然り。これだけあるとどれか1つくらい自分にも思い当たる部分があるのではないでしょうか。



美人になるための最初の一歩は気づき

訓戒に当てはまってしまったからと言って「どうせ私なんか」と卑下する必要はまったくありません。この訓戒は美人になるために必要な最初の気づきを促す警告と言え、気づいた時点で美人になる第一段階を既に突破したようなものです。大切なのは自分に足りていない部分にまず気づく事。「こういう処が駄目ね」「こうした方がもっと良いよね」と、私たちに気づきと反省をくれるために伝えられているものなのです。



ブログに反省を載せるのも1つの方法です

例えば思い切って「こういう事があって、こう思ってしまいました。ごめんなさい。次はこうできたらいいな。」と、本音で正直にブログに書き綴ってしまっても良いかもしれません。公に書き残す事でより深く自分の心に刻まれるでしょうし、反芻されより貴女の身になるかもしれません。偽らずに反省し前向きに頑張る人を嫌う人はいませんし、特に男性はそんな謙虚でひたむきな女性を応援し支えたいと思う事も多いでしょう。最初からなんでも正しい完璧な人間なんてそうそういませんから。



Summary! この「ブスの25箇条」は有名で、今さらここで記事にするのもどう?という議論もありましたが、まだご存じない方もおられるかもと考えご紹介に至りました。

この25箇条一つ一つを逆にイメージすると、まさに清く正しく美しいタカラジェンヌが目に浮かぶようで面白いですよね(笑)また、これらは男女問わず共通の訓示と言え、須らく接客姿勢にも活かすべきものではないでしょうか。彼女たちのように完全無欠な抜かりのないしっかり者になるには修行とも言える日々が必要かもしれませんが、心の片隅に留め置き、時々思い出すだけでも励みや助けになるかもしれませんよ。

お客様に嫌われる言葉や、
嫌われる女の性格11の特徴
一流の人が悪口や陰口を言わない理由などもご参考に、外見の可愛さだけではなく内面も美人だと言われるよう日頃から女磨きを心掛けましょう。

Yoshiwara.Link