吉原の花魁と言えば、江戸時代の一般庶民にとっては高嶺の花。吉原とはでご説明した通り、当時の最高水準の教養を兼ね備えていた才色兼備なアイドルです。一晩遊ぶのに現在の値段で100~300万円もしたと言い、気に入らない客は取らなくても良いという程厚遇されていましたので、当時の男性たちはお気に入りの彼女に取り入ろうと躍起でした。

それほどまでに当時の男性達を惹きつけ虜にしていたのです。

現代の吉原高級ソープ嬢さんも、商品として女を磨き自身を魅せる努力を欠かさなかった彼女たちから『自分を売る』という秘訣を学んでみてはいかがでしょうか。

吉原花魁に学ぶモテる極意


吉原で自分を売る生活

江戸時代は浅草寺の傍にあった最盛期の吉原には3000人にも及ぶ遊女たちが生活していました。基本的に村から出る事は許されず、今と同じく生活費はもちろん、下着や衣装、化粧などの商売道具も自前で揃えなければならないので、自分を飾るための派手目な装いとは裏腹に、暮らしぶり自体はかなり質素に倹約したものだったようです。余計な贅沢は一切せず、自分磨き(投資)か、借金返済などの目的達成の為のみに必死だった様子が窺えます。



高級遊女たちは天女のような存在

江戸時代の高級遊女たちはモテる女性の代表格で、それこそまるで天女かなにかのように憧れられていました。言い換えれば「会いに行けるアイドル」という、まるで現代の女性アイドルグループのような存在だったのです。江戸文化研究者・田中優子さんの著書に、吉原でも最もモテたとされる女性の特徴が紹介されています。

  • 相手の気持ちに敏感である
  • 簡潔な表現で必要なことを言うことができる
  • お金や食べ物や自分の利益に欲張りなところがない
  • 手紙の文字や文章が美しい
  • 陽気にキレイに適量のお酒を飲む
  • 歌をしんみり歌って人を感動させる
  • 着るもののセンスがよく姿勢が良い
  • 床に入れば日常を離れうっとりさせることができる
  • 必要なところにケチはしない
  • 伽羅(きゃら)の匂いが漂っている

最後の「伽羅」とは当時最高級なお香。現在の香水のような使われ方をしていました。これらの特徴をよく読んでイメージしてみると、お洒落でセンスが良く、察しと思いやりに溢れ、それでいて気風も良くて床上手という、男性の理想像を体現したような完璧な女性が目に浮かびます。

それにしても、これら内面的な人間性が重視され容姿や見た目だけで判断される事があまりなかった様子は、時代背景もあるのでしょうが、粋でいなせな江戸っ子らしい感覚ですね。



花魁の手練手管

そんな彼女たちは、自分を着飾り魅せる工夫はもちろん、お客にお金を使って頂くための努力も惜しみませんでした。今の風俗嬢さんが持たれがちなイメージとは少し違い、花魁には本当に良く出来た憧れのイイ女性像も求められていましたので課題は多岐に渡りました。

  • 諸芸などの習い事
  • 一般知識教養などの勉強
  • 床技などのテクニック向上
  • スタイル維持のトレーニング

と、必要な努力は尽きませんが、中でも熱心に研究されたのが男心を操る手練手管。解り易く言えば男を落とし貢がせる方法です。聞こえは少し悪いですが、生きる為の仕事の使命として切磋琢磨しあみ出されたモテる手法ですので、現代のソープ嬢さんでも十分参考になるはずです。


焦らしとご褒美

初会~裏を返す~馴染みと、最低3度は通わなければ一緒に床に入る事を許されなかった花魁は、出端から男性を焦らしています。現代の風俗ではそうはいきませんが、「いきなり何でもオールオッケー」というより何か特別なこだわりを持って焦らしながら接したり、馴染みになってくれた時ご褒美としての特別感を演出する用意をしておくと良いかもしれません。


高級な女

身に着けるものがさりげなく高級品であったり、話題や会話がしっかりした一流の内容だったりすると、それはそのまま貴女への価値に繋がったりします。「この子は安い女じゃないな」と思わせられれば大成功。ただし「さりげなさ」が最も重要です。隠しても滲み出てしまう品格や高級感といったところでしょうか。高級さの上手な演出方法もご参考にどうぞ。


上手な嘘

吉原の花魁たちは、様々な手法でお客様に「貴方だけは特別なの」という思わせぶりな嘘を上手についていました。

  • 起請文(婚約の誓約書)
  • 髪切り(客に髪を切らせ渡す)
  • 放爪(爪を剥ぎ客に渡す)
  • 指切り(小指を詰め客に渡す)
  • 起請彫り(客の名前を入れ墨)

実際は爪や小指は別人のものや作り物がほとんどで、入れ墨もお灸で焼き消せるくらいのものだったようですが、「営業だとは思うけれど、もしかしたら本気かも…?」と思わせられれば十分効果があります。


秘密の共有

上記の手法は嘘であると同時にお客と秘密を共有する事でもあります。他人には明かせない、貴方にだけという秘密を共有する事で一蓮托生の一体感や共犯意識が生まれ、簡単には離れられない絆となります。内緒の相談という体でなにか秘密を打ち明けても良いかもしれませんね。


Summary! 当時は客も遊女も「本気は野暮」とされ、騙し騙されたフリをして遊ぶのが粋とされていたようですが、気合の入った営業で信じ切ってしまうお客も多かったようです。そのくらい、遊女は惜しまず努め必死で学び本気で取り組んでいた証拠と言えるでしょう。ただひたむきに自身を魅せお客様に買って頂くためのモテる極意のみを追求した彼女たち。そんな姿勢そのものも参考にされても良いのではないでしょうか。

宝塚歌劇団の訓示に学ぶ美人になる方法は宝塚ブス25箇条に学べや、
接客心理学で指名を増やす方法などもご参考になれば幸いです。

Yoshiwara.Link