顔の可愛さやスタイルの良さはさておき、良い女としての気品は一般的に見た目の良し悪しとは全く別の要素として評価されます。これは女性に限らず男性にも言える事です。気品とはどこともなく感じられる上品で気高い趣や凛として気品のある物腰とされていますが、具体的には一体どのような事なのか。高級さの魅せ方・演出方法を考えてみましょう。

鏡の前で身嗜みを整える女の子


高級さとは人間性の高尚さ

人の印象は、成り形や写真などでは伝わらない、その人の佇まいや醸し出す雰囲気が必ず作用します。顔は美人なのになんとなく印象が悪かったり、可愛いらしい恰好なのにどこかいけ好かなく感じたり、一時期注目され流行した雰囲気イケメンなども良い例でしょう。良い人だなとか、お洒落な人だな、センスが良いな、などの内面は形造りとしての見た目では判断し難いものですし、気品や高尚さとなるとこれはもう漠然としたオーラの様なもの。一般男性ももちろん、高級店にお勤めの女性は特に、そのクオリティに相応しい人間性を身につける事が大切なのかもしれません。



高級感をイメージしてみよう

まず色々な高級なものをイメージしてみましょう。ホテルや旅館、車でも時計でもなんでも結構です。

  • 丁寧
  • 親切
  • 清潔
  • 綺麗
  • 整っている
  • 精度が高い
  • 磨かれている

なんとなくこのような印象を持つと思います。まさしくこれがそのままあなたへのアドバイスです。あなたが思い描くこれらの高級そうなキーワードの立ち振る舞いを自分自身の日々の生活で実践していく事をオススメします。逆に、これらの反対が安く品がない粗悪なイメージとなってしまうのですから。


高級感をイメージして実践する女の子の後ろ姿


自分を良く魅せ演出する方法とは?

先述のイメージを心掛けるとして、対外的に魅せる演出方法とは具体的に一体どのようなものがあるかご紹介します。それは、第三者に解り易く高級感を伝え印象付けるコツと言い換えても良いでしょう。


身嗜み

  • 服装を整える
  • 髪や爪など体を清潔に保つ
  • 鞄などの持ち物を整理整頓する
  • 化粧や香水などをつけすぎない
  • 物の価値と相場を理解し、少し良い物を持つようにする

振る舞い

  • 物を大切に扱う
  • 正しい言葉使いをする
  • 下品な物言いをしない
  • 場の雰囲気にそぐわない言動を慎む
  • 急な大声・急に動くなど、急のつく動きをしない

心掛け

  • 他人に親切でいる
  • 他人の悪口を言わない
  • 物事の良い処を先に見るようにする
  • 常に自分を磨き能力の向上に努める
  • 泣いたり愚痴ったりする姿は極力他人に見せない

まるで親が子にするお説教のようですが、これらに気を配る事が気品を演出的に魅せる事に直結しますし、これらは実際、高級ブランドの社訓や売り場での社員教育などにも取り入れられている要素です。あなたを知らない読者に見てもらうために書くブログや写メ日記などを書く時にも、これらの姿勢やイメージを大切にするときっと反響や指名も増えるでしょう。


Summary! いかがでしたでしょうか。「聖人君子じゃないんだから、いつもいい子でなんていられない!」なんて思われる方もおられると思います。もちろん、全て完璧な人間なんてこの世に存在しませんが、こういう方向で頑張るという前向きな気持ちと、演出方法のクオリティ(品質)が、あなた自身の高級さ=品の良さ=人間性の高さ=ひいては人生の豊かさに繋がるのではないでしょうか。

高級さとは
高級ソープ嬢の魅力
などもご参考になれば幸いです。

Yoshiwara.Link