NS NN

ソープランドの大きな特色の違いとして、NS店(NN店)とS着店(G着店)があります。NSとはノースキンの略語で、NN(生中出)と呼ばれる場合もあり、S着(G着)はスキン着用必須を表わす隠語のようなものですが、その意味は単純にゴムを付ける付けないだけではありません。NS嬢とS着嬢にどういった意味や違いがあるのか詳しく解説します。



NS店とS着店と混在店の3種類

ソープランドには次の3パターンが存在します。

  • 完全NS店=在籍嬢全員がNS嬢
  • 完全S着店=在籍嬢全員がS着嬢
  • 混在店=NS嬢とS着嬢が混在

吉原でも高級店になるほどNS(NN)になる傾向がありますが比率としてはS着店の方が多く、かつホームページ上では基本的に見分けがつかないよう作られています。公明正大に告知できる類のものではない為ですが、事前にネットのクチコミなどで当たりをつけておくか、ソープランド店に直接問い合わせればある程度教えてくれると思います。またNS嬢とS着嬢が混在する店では会員専用ページ内で★星▲帽子●赤シールなどの目印やマークをつけてどの女の子がNS嬢なのか見分けられるようになっている場合もあり、メルマガ登録などで会員ページログインID&PASSを取得すれば閲覧できます。



NS嬢とS着嬢の違い

NS(NN)にするかS着(G着)にするか迷うスーツ姿の女の子

男性のニーズとしては当然NNの方が高いわけですが、それゆえS着店よりも総支払額が相場的に高くなります。裏を返せば、例えば同じランク・同じような入浴料のソープランドでNS店とS着店があったとしたら、S着店の方が在籍する女の子の容姿や技術などのクオリティは高くなる傾向にあると言えます。

一方、女の子側の立場から言えば、NS店であれば求められる容姿のレベルはS着店と比べ比較的緩まると言え、あるいはG着よりも高級店となりギャランティー単価が良くなるはずです。混在店であれば、S着嬢よりNS嬢のほうが人気が高く指名リピート獲得にも有利に働く事が多いでしょう。

どちらが良い悪いの話ではありませんので双方それぞれ志向と趣向のお好みで選べば良いのですが、それぞれの立場でこういった違いと傾向は顕著に存在しています。



ノースキンの注意点

お仕事として働く側と、遊びに行く側それぞれ心構えを。


NS(NN)嬢として働く事

リスクとしては、どうしても性病に感染する確率は高まります。昔と違い大抵の病気は薬で数日で治せてしまいますが、その期間は当然働けなくなりますので、そういう可能性も生じることは認識しておくべきでしょう。後は、やはりメンタル面のケアも必要でしょう。ピルなどの避妊薬も常用しなければならなくなりますので、太りやすい体質になったり、情緒不安定になったりすることもあるかも知れませんので健康的な精神衛生管理を心掛けましょう。オススメ講習談話などもぜひご参考に。


NS(NN)で遊ぶ事は怖い?

ちゃんとしたNSソープランドやNSソープ嬢さんは定期的に性病検査を実施し常時健康状態を確認した上で働いていますので、深刻な病気をうつされる心配はまずありませんのでご安心ください。むしろ、こちらが女の子に病気をうつしてしまわないようぜひ心配りを。(※性病に関する注意

また、S着嬢さんに向かってなんとかNS(NN)でお願いしようなど言語道断の卑劣な行為です。明らかにより様々なリスクを負っているNS嬢さん達はS着嬢さん達よりも少し厳しく辛い思いをしているかもしれません。頑張っている彼女たちに少しだけでも優しく接してあげましょう。こちらでご紹介している痛い客の言動等にも配慮できてこそ粋な男というものです。

Yoshiwara.Link