ジャンルを問わず、プロの編集者やライターなど、記事やニュースを限られた時間で所定スペースにまとめる作業をする人達が心掛けている事があります。それは忙しい中でもブログを上手に効率良く更新し人気を集めたい風俗嬢さん達にもオススメできるコツになります。どんな風に写メ日記を書けばいいか分からないという子もいると思いますので紹介させて頂きます。

写メ日記の書き方が分からず悩む女の子の画像


人気ブログを書くコツ

一般的なビジネス用語に「5W1H」という言葉があります。これは日本では「六何の原則」と呼ばれ、

  • When( いつ)
  • Where(どこで)
  • Who(誰が)
  • What(何を)
  • Why(なぜ)
  • How(どの様に)

と情報伝達の際に重要な要素のみを言葉の冒頭(リード)部分にまとめる慣行です。仕事の報告・連絡などもこの形式が望ましいとされ、日本語と英語など異なる言語の文法説明や文学読解の指導に用いられたりもします。

バリエーションもありここでの詳しい解説は省きますが、簡単に説明すれば、まず文章の始めに大事なポイントを把握させる事です。ニュースサイトなどでも、多くは最初に記事の概要や趣旨を説明したり、目次的に見出しをまとめてリンクさせていたりして、このページが何の事についてどんな事が書かれたものか一目瞭然に理解が進み「もう少し詳しく読んでみよう」とまず読者の興味を引く事に注力します。多くの人が書き手の都合良く「何の事か分からないけどとりあえず読んでみよう」とは思わないものです。


面白い写メ日記にするために

5W1Hのポイントをまとめると言う事は、主要点はどこか、それをどう伝えたいか、自分自身で一度文章の全体像を把握し整理する事にもなります。すると、

  • 順序は正しいか
  • どこがおかしいか
  • なにが足りないか
  • どう面白く膨らませられるか
  • 同じ事を何度も言ったりする無駄はないか

と要点や不自然さや過不足、魅力的で効果的な言い回しまでもがより見えてきます。書き伝えたい事の具体性やイメージもより鮮明になり、補足し肉付けし上手に演出していく事でただの報告に終始しない魅力的な面白いブログになっていくでしょう。


クリック率も上がるタイトルとは

現代人は常に時間に追われ生活している人も少なくないので、話の最初の数秒で「興味があり欲しい情報か否か」を判断します。あなたのファンならばさておき、新規読者には初見パッと見で読むか読まないか決められてしまうのです。

これはタイトルに関しても同様で、元々あなたに興味がある場合を除き、自分に関係する可能性がある近い話題か、興味を引く場合にクリックされる確率が跳ね上がります。「おはよう」などの挨拶や「ご連絡」などそれ自体にはさして意味のない単語をタイトルにしている方を見かけますが、自らきっかけの1つを切り捨てるもったいない行為です。記事の表題なのですから、タイトルは内容を端的に表わす具体的な文言を選ぶ事をおすすめします。

なんとなく取り留めも無くぼんやりと書き始め「結局何が言いたかったの?」とならない為にも、あるいは「後でよくよく聞いてみるととても面白い話だった」と伝え損ねない為にも、「こんな事について書いた記事です」と分かるようなタイトルや文章の冒頭である程度要約する事を心掛けると「何をどう書けば良いか分からない」という子の日記の書き始めもスムーズになりますし最後まで熟読して頂ける人気ブログになりやすくなります。


写メ日記とブログの目的の違い

写メ日記ではとにかく膨大な人数がどんどん更新しますので、どちらかと言えば簡潔な記事でもとにかく頻繁に投稿し目に留まるきっかけを得る方が効果的だと思いますので、それほど深く考えず要約文章程度でも良いでしょう。

逆に、ブログの場合はそれよりも滞在時間が長く落ち着いてじっくり何ページも読み込まれる傾向にあり、読者も比較的ある程度長文の読み物を期待しています。これは好意を育みあなたのファンになってもらう絶好の機会と言えますので、ただの報告に終始せず極力「あなたの考えや思い」を込める事がより効果を発揮する重要なコツになります。つまり、


オススメの作文方法とは、

記事全体を簡潔にまとめ
一通り要約説明した文章が
写メ日記的と言えます。

そしてそれを踏まえ、
内容が膨らませられる場合、
補足を付け足し
詳細情報を加え
あなたの感想なども述べたものが
ブログ的書き方と言えるでしょう。


太字がタイトルで
ブルーが写メ日記
ピンクも加え足したものがブログ向きの上手な書き方(表題+構成)の基本です。

もちろん、あなたのネタと時間さえ許せばどちらも限りなく全力を注ぐに超した事はありませんが、仮に効率良く書き分けるとすればこうなるでしょう。いずれの場合もあなた自身が写った使い回しではない写メ画像があった方がより良いのは言うまでもありません。



順にまとめると、
タイトルは記事内容の主要文言を
冒頭では重要な要素のみを具体的に
詳細説明・補足情報・感想を加え装飾
同じ事を何度も飛び飛びに繰り返さない
写メやプロフ画像なども極力使い回さない
です。

芸術家や作家などのクリエイターはこの基本を踏まえた上で独自性追求や言葉遊びを訴求している訳ですが、日記類とは意図も大きく異なります。写メ日記は読む方ももちろん、書く方も限られた生活サイクルの中で時間の隙間に取り組むものですので、効率的に最大限の効果を生むポイントは確かにあるよう感じます。興味のある人にだけ読んでもらえれば良いなんて拗ねた考えは捨て、本来興味のなかった人の心にも響き伝わる解り易くかつ感情豊かな写メ日記を心掛ける事はより読者反響を得る為の正しい姿勢と言えるでしょう。

画一的に「皆こうするべき」などと言うつもりは毛頭ありませんが、多くの人が快適で読みやすいと感じる作文の基本や、読者の期待に応え飽きさせず好意的な情緒を育てるコツは知っておいても損はありませんよね。

人気ソープ嬢のブログとはや、人気嬢のブログの書き方も参考のきっかけやヒントになると思いますのでオススメです。

Yoshiwara.Link